肌トラブル別のおすすめファンデーション!綺麗肌を目指そう!【The Cosmetics】

ファンデーションの選び方

肌をいつもよりなめらかに、綺麗に見せてくれる役割をもつファンデーション。しかし、いろいろありすぎて選びにくい上に肌トラブルは人それぞれ。しかし、肌の状態やタイプ別にカバーするコツを知っていれば、絶対に素晴らしいファンデーションに出会えますよ。

肌の悩み別・ファンデーションのカバーの仕方

シミ・くすみ

シミ・くすみは年齢と共に余計に気になってくる肌のお悩みですよね。シミ・くすみは頑張ってカバーしようとすればするほど、厚塗り感が出てしまい、余計に肌が自然に綺麗に見えないです。では、シミ・くすみはどのようにカバーすれば自然な肌を演出できるのかというと、パール配合もしくはコントロールカラーの機能を持つ、ツヤ肌に仕上げてくれるリキッドファンデーションがおすすめです。ツヤ肌は透明感が出るだけでなく、若々しさも感じられます。部分的なカバーは、コンシーラーを使うと良いでしょう。

毛穴

ファンデーションが毛穴落ちする、崩れやすいなどの毛穴トラブルに関する悩みも多いお悩みです。毛穴トラブルを起こす方は、皮脂の過剰分泌によるものが原因になりますので、毛穴の凹凸を埋めるようにカバーしてくれ、なおかつ皮脂を吸収してくれる働きを持つシリコンが入ったファンデーションがおすすめです。また、重ね塗りは反対に毛穴を目立たせてしまうことにも繋がるので、光をコントロールしてくれるファンデーションもおすすめですよ。

ニキビ

ニキビをカバーする方法で、リキッドファンデーションなどを使用すると考える方もいるかと思いますが、それは間違いです。ニキビは油分が詰まり炎症を起こして出来たものですので、油分が多く含まれているリキッド・クリームファンデーションでは返って逆効果です。刺激に弱くなっている肌を労ってくれる低刺激なファンデーションがおすすめです。パウダーファンデーションは油分が少ないですし、オイルフリーのものもたくさん出ています。また、石鹸でもオフ出来るものもありますので、クレンジングによる刺激も避けることが出来ます。

ファンデーション

ファンデーションはタイプ別にパフとブラシを使い分ける

ファンデーションには様々なタイプがありますよね。実は、ファンデーションによってブラシやスポンジ、パフなどのアイテムを変えるだけで、仕上がりも変わりますし、持ちも変わってきます。まずリキッドファンデーションにおすすめなアイテムは、スポンジです。手で適当に伸ばした後に、スポンジで肌に密着させると、持ちも上がりますし、カバー力も変わります。スポンジを1回水に浸し、絞って使うと、より透明感が出つつも、カバー力のある肌になります。そして、パウダーファンデーションにおすすめなアイテムがブラシです。薄付きで自然な仕上がりになりつつも、毛穴のカバーに対ししっかりアプローチをかけてくれます。また、パウダーファンデーションはパフを使うとなめらかな陶器のような肌になりますし、マットに毛穴をカバーしてくれます。このように質感が様々に変わるので、試してみるのもいいですよ。

お悩み別・印象ワンランクアップのカバー方法

ファンデーションだけでは、完璧に肌のお悩みをカバーできるとは言えません。コンシーラーや、様々なメイクアイテムを使う事でより綺麗肌を目指すことが出来ますよ。まず、シミ・くすみはコンシーラーで部分的にカバーしましょう。コンシーラーをシミの上にのせ、放射状に内側から外側へぼかします。この際、シミの周りの肌色に近いコンシーラーを選びましょう。最後にパウダーファンデーションか、フェイスパウダーで抑えて完成です。くすみは、コントロールカラーでカバーしましょう。くすみの色味を消してくれるものが良いです。薄いくすみや色むらが気になる方はイエローカラー、茶色で濃くくすんでいる人は、オレンジ系を使うといいです。気になる所にポンポンと広げ、なじませましょう。また、毛穴に悩みがある人は、ファンデーションを薄く伸ばす事がポイントです。また、毛穴カバーは土台を整えてくれる化粧下地も重要です。ニキビのカバーは、シミと同じようにニキビが気になる部分にコンシーラーをのせ、なじませ、パウダーファンデーションで抑えます。これで、ワンランク上のカバーが出来ます。

おすすめクレンジング方法で毛穴ケアをしよう♪

女性に人気な洗顔石鹸を試してみよう♪

高機能コスメはレビューで見つけよう♪

広告募集中